畳の裏返しって何をすればいいの

畳は年月とともに劣化します。畳表をきれいにする方法には裏返し、表替え、新調の3つの方法があります。中でも裏返しは最も手軽な方法であり、劣化の初期段階であればまずは裏返しすることをおすすめします。裏返しといっても畳床ごとひっくり返すのではなく、畳床から畳表を外し、畳表のみを裏返しする事を言います。土台となる畳床をそのまま使用するので、最もエコな方法とも言えます。新品の畳から2~3年で裏返しのタイミングとなります。裏返しをすれば長くきれいな畳を使うことができます。裏返し作業は畳屋さんに依頼するのが一般的で、相場は1畳3,000円からといわれています。畳表をはずしてみないと裏の状態はわからないため、しみや焦げなどがあれば思い切って表替えや新調することをおすすめします。

畳の裏返しは畳専門店に依頼しましょう

畳はいぐさの香りで安らぎを得られる、和室にかかせないものです。和室を持つ家は少なくなりつつありますが、畳を上手にメンテナンスすることで、長く快適な空間を維持できるので、再び注目を集めています。使い始めて2~3年ほど経過したところで行うメンテナンスとして、裏返しを行います。畳の裏返しは、単に表裏をひっくり返すのではありません。畳専用の道具や経験がないとできない職人の技となるため、畳専門店に依頼しましょう。畳表を裏返すだけなので、既存のものを使うため、最も手軽に畳をきれいにできる方法です。裏返すと畳の鮮やかな色がよみがえり、ダメージを両面に分散できることから、同じ面を使いつづけるよりも長持ちするメリットもあります。裏返ししたのちは畳表のみ交換する表替えを行います。

畳の裏返しのタイミングとよい畳店の探し方

畳の裏返しを行う目安としては、使用から2~3年、それほど傷んでいない状態でも日焼けなどで変色してしまったという場合におすすめです。長く使用した場合は裏面も枯れたような色合いになっていることが多く、おすすめできません。品質の良い畳表を使用していれば耐久性もよく、飴色に代わっていくさまも味わいがあります。表も裏も使えるからこそ、上質な畳表を選び、完全に傷んでしまう前に裏返ししましょう。畳屋さんは地域の評判の良いお店を探しましょう。国家資格に認定されている一級畳製作技能士を持った職人さんがいれば間違いないです。またアフターメンテナンスが充実したお店を選べば、先々の表替えや新調の際にも親身に相談に乗ってくれます。また、作業時の家具移動や畳の吹きあげなど無料で行ってくれる良心的なお店もあります。