畳を裏返しして使えばこんなにお得

長年住んでいるとメンテナンスが必要になってくる箇所が住まいにはいくつも出てきてしまいます。何も大掛かりな工事を必要とせずに、見た目をちょっときれいにリフレッシュさせるだけのメンテナンスもあり、例えば古い物を新しくしてみるだけの方法もあります。畳の張替えなどは、まさにそういう類のメンテナンスです。部屋に敷いて普段から馴染んでいるでしょうが、年数が経つと薄汚れてきてしまい、表面もいつのまにか滑らかさがなくなってしまうことが多いものです。定期的に家庭用洗剤で拭いていたとしても、長い期間に染み込んだ汚れはなかなか落ちませんし、太陽の光で日焼けをしてしまうことも多いです。このような時は、畳を裏返しして表面を新しくしてみると、部屋全体も一気に明るく綺麗になりますのでお勧めの方法です。

裏返しで古くなった畳の面を手軽に新しくする

畳というのは表面の部分にはゴザ状の畳表と、芯材にあたる板状の部分、そして表を床に固定する箇所である縁の帯の部分の3つで出来ています。従ってそれぞれの部分の劣化によっては必要とされる場所や方法も違ってくることも多いものですが、特に目立った汚れや故障箇所などがない状態でしたら、一番手軽な方法としてまず手始めにやってみるのに、裏返しをされる方は多いものです。表替えが表面のゴザを新しく張り替えて表面をキレイする方法であるのに対して、裏返しというのは表面のゴザはそのまま使用して裏返すことで張り直すという方法です。ただどちらの方法でも固定する畳縁は、新しい物を使って張り直すのが一般的です。扱いに慣れていない方や枚数などが多い時は、専門の業者に依頼をしてやってもらう方がやはり失敗がなく安心です。

畳の裏返しを依頼する時はずっと付き合える業者を選ぶ

一般的に3年から5年が経過したら擦り切れて傷身が目立ってきたりするので、この時期に行われるのが裏返しであることが多いです。畳表を反対にして引っ繰り返して床に貼り直すだけで、綺麗にリフレッシュする方法ですので他の方法よりも手軽ですし、費用面でもそれだけ安く済んでお得です。このような裏返しを専門業者に頼んで張替えようとすると、扱う業者も多くいたり金額も様々ですので、インターネットなどで事前に情報を集めて、評判や費用面なども比較検討しながら、優良な依頼先を選ぶことが大切です。今回は裏返しだけだとしても、また何年後かになると、次にはもっと大掛かりな張り替えとなる新調にしたり表替えとなることはありますので、できればのちのち長く付き合えるような良心的な業者さんを探しておくと安心です。

畳は1帖2,700円(税抜)からご用意しております。 熊本産の1本1本選別した良いものだけを使用した畳表を取り扱っております。 畳表の柄も選ぶことができ、お客様のお部屋にあった畳表をお選びいただけます。 材料・手間・配達込みの価格です。 畳縁も種類豊富にご用意しておりますので、お客様好みにカスタマイズしていただけます。 ! しっかりとサイズを測ることで、ぴったりな畳を仕上げます。 畳の裏返しはまごころ畳にお任せください!